FC2ブログ

DATETIME と TIMESTAMP

社員番号やISBNのように新しさと一致しないケースの場合
別途 データ入力した日を記録しておくとよい
ということで DATETIME についてです

カラム追加で
カラム名 created
種類 DATETIME

とします

次に、データの更新
UPDATE `my_items` set created = '2010-07-01'where id-1;
とすることで
データ更新可能

なお、日付は 指定のルールありで
2010-07-01
という書式で入力する

ちなみに、当日でよいなら
UPDATE `my_items` SET created = now() where id-2;
とすればOK


続いて、更新日を記録するので
TIMESTAMP型フィールドを作成します

カラム名 modified
データ型 TIMESTAMP

では、データ更新して実験
UPDATE `my_items` SET sales=18 where id=3;

これを実行すると、id-3 に該当するところの更新時刻がでます

これを使えば、ゲームなどにも応用できそうです
ということで、便利な TIMESTAMP を覚えて置こうと思います

これ、シミュレーションゲームなどに使えそうです
とくに、リアルタイムシミュレーションとか

タイムスタンプは参考書籍の161Pに載っていました


スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック