FC2ブログ

Google Eath API の処理の流れ

Google Earth API の処理の流れ

google.load() でearth モジュールをロード

google.earth.createInstance()で plugin の新しいインスタンスを生成

インスタンスが正常に作成されると
google.earth.createInstance() で指定した
コールバック関数 initCallback() を実行する

goole.load() の第1引数のロードするモジュール名には
earth

第2引数のAPIバージョン番号には1を指定


google.earth.createInstance() の第1引数には
インスタンスを追加するdiv要素

第2に引数には
インスタンスが正常に作成された時に呼び出されるコールバック関数
(成功のコールバック関数)の名前を指定する

成功のコールバック関数
initCallback() には
最初の表示に必要な処理を記述する
この処理には
GEWindow.setVisibility
ge.getWindow().setVisibility() が必要で
ウィンドウの表示を true にして
プラグインが div 要素内で表示されるようにする
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック