FC2ブログ

RHELへDBと開発環境導入 その4

RHELへDBと開発環境導入 その3

ひととり設定できたので、動作確認します

mkdir ~/rails
cd ~/rails
rails sample -d postgresql
cd sample

ruby script/server mongrel

rails用 webサーバー Mongel を起動します

次に iptables を設定します

別の端末を開いて
vim /etc/sysconfig/iptables

開きます

Generated by iptables-save v1.4.7 on Sun Jan 8 18:54:31 2012
*filter
:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [1:148]
-A INPUT -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -m limit --limit 3/hour -j LOG --log-prefix "[INPUT Dropped] "
COMMIT
# Completed on Sun Jan 8 18:54:31 2012


となっているので


# Generated by iptables-save v1.4.7 on Sun Jan 8 18:54:31 2012
*filter
:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [1:148]
-A INPUT -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 3000 -j ACCEPT

-A INPUT -m limit --limit 3/hour -j LOG --log-prefix "[INPUT Dropped] "
COMMIT
# Completed on Sun Jan 8 18:54:31 2012

というように追記します

追記後
service iptables restart
で iptable を再起動します

AWSを使っているので、さらにセキュリティグループの設定で
80
3000
のポートも開放します

これで、ブラウザからサーバーのIPアドレスへアクセスすればページが表示されます
ちなみに
http://サーバーIPアドレス:3000
というように、最後に3000ポートを指定する必要があります

似たようなもので
tomcat のときにも 8080 版ポートを指定することもあります
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック