FC2ブログ

RHELへDBと開発環境導入 その3

RHELへDBと開発環境導入 その2

postgresql 設定ができたので
次に ruby on rails を導入します

最初に
useradd rails
passwd rails

rails ユーザを作成し

vim /etc/ssh/sshd_config
でファイルを開き

DenyUsers rails
を最下行に追記します

service sshd restart
で設定を反映するのを忘れずに

では、ruby on rails の導入になります


yum install ruby ruby-lib postgresql-devel ruby-devel
を実行し
RPMパッケージを導入します

次に
RubyGems ruby on rails を導入するのですが
ここから先は rails ユーザで行いますので
su - rails で
パスワードを入力し
rails ユーザで行います

環境変数を設定するため
vim .bashrc
で設定ファイルを開き

export PATH=$PATH:~/gems/bin
export RUBYLIB=$RUBYLIB:~/gems/lib
export GEM_HOME=~/gems

を最下行へ追記

source .bashrc
で設定反映します

mkdir ~/gems
mkdir ~/work
で必要なディレクトリ作成し


wget http://rubyforge.org/frs/download.php/70696/rubygems-1.3.7.tgz
でファイル取得

tar zxvf rubygems-1.3.7.tgz -C ~/work/
で work ディレクトリに解凍

ruby work/rubygems-1.3.7/setup.rb --prefix=~/gems
で rubygemsを導入します

続いて
ruby on rails と 関連パッケージを導入します

gem install rdoc postgres mongrel
gem install rake -v0.8.7
gem install rails -v2.3.14

続いてサンプルアプリで動作確認します
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック