FC2ブログ

RHELへDBと開発環境導入

今月の日経Linux に先月号からの特集で
RHEL(Red Hat Enterprise Linux) でサーバー構築
が載っていましたので
実践しています

ちなみに、今月号は

です

通常はOSが有償であまり使うことはないのですが
AmazonEC2 で時間単位で借りれるため、これを使って
構築していきます

今回は PostgreSQL のインストールからです
ただし SELinux は停止しておきましょう
これが原因で初期化失敗がおきるリスクがあります


まず、最初に停止しているインスタンスを起動します
ちなみに、時間単位で課金されるため、稼働時間が
1分でも1時間と変わりませんので
注意しましょう

yum install postgresql-server postgresql-docs
で導入

次に
service postgresql initdb

DB初期化

chkconfig postgresql on

次回から起動時にスタートするように設定
(これをやらないと、またコマンドでサービス立ち上げが必要になります)

service postgresql start
で postgresql をスタート

次にユーザ作成します
su - postgres
でユーザを root から postgres へ切り替え

psql -c "ALTER USER postgres encrypted password '任意のパスワード'"
でパスワードを設定します

psql -c "CREATE USER rails encrypted password '任意のパスワード' createdb"

rails ロールを作成、DB作成権限を与えます

次に、認証方式の設定ファイルを変更します
vim /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
でファイルを開き
最下行付近にある設定を変更します


# TYPE DATABASE USER CIDR-ADDRESS METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local all all ident
# IPv4 local connections:
host all all 127.0.0.1/32 ident
# IPv6 local connections:
host all all ::1/128 ident


これを


# TYPE DATABASE USER CIDR-ADDRESS METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local all all md5
# IPv4 local connections:
host all all 127.0.0.1/32 md5
# IPv6 local connections:
host all all ::1/128 md5

というように
最後の
METHOD を md5 に変更します

ちなみに、md5はパスワード認証という意味です

ここまで完了したら、設定反映のため、サービスの再起動をします

一度
su -
で管理者権限 root へ戻り

service postgresql restart
を実行します

postgres ユーザだと、エラーになります

接続確認のため

psql -l -U rails
を実行し、パスワードを入力してDB一覧が出れば成功です

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック