FC2ブログ

PHPでのプロパティ定義

PHPのコードで 
protected $baseurl;

というような記述があったので、
この機会に復習をこめて解説を書いてみました

この protected はアクセス修飾子
でこれは
クラスにプロパティを定義するのに使います

プロパティの定義方法は
class クラス名 {
アクセス権 $変数名 = 初期値;
}

今回の protected はアクセス修飾子で
同一クラス内および、派生クラスから参照可能にするものです

これを
public にすると。すべてのコードから参照できるようになります

private だと。同一クラス内からのみ参照可能になります

var もあるのですが
こちらは public と同様の意味でしたが
PHP 5.1.3 以降は非推奨なので、おすすめしません

ちなみに、指定しなかった場合、public として扱われます

protected を使うのは、アクセスキーなどを取り扱うものなどに使われています
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック