FC2ブログ

PHP SDK の使い方 その2

引き続き、PHP SDK関連です

以下は、お決まりの文面ですが
まとめるため簡単に解説です

ます、キャンバスページのURLを格納します
$canvaspage='apps.facebook.com/App Namespace/';

この App Namespace/を
自分で取得したものに変更します
ちなみに、App Namespace/は
アプリ開発のときに登録したものです

次に、プロトコルの判別
$protcol=isset($_SERVER['HTTPS']) && $_SERVER['HTTPS'] == 'on'
?'https://'
:'http://';

これは、プロトコルを格納するのですが
isset()で判別しています

isset()は
指定した変数がセットされているかを
調べます
今回、調べているのは
$_SERVER['HTTPS']
これにより
現在の通信状態の確認をしています

参考サイトは
http://dhive.jp/blog/yama/?p=271

?'https://'
:'http://';

の部分は
三項演算子
で、if elseの別バージョンみたいなものです

つまり
サーバーの通信状態がhttpsで
Httpsが onなら
プロトコルは
https://
そうでないなら
http://
となるようにしています

あとは、これらを組み合わせ
ログイン後にリダイレクトするページのURLにします

$canvasurl = $protcol.$canvaspage;

これで、キャンバスページのURLが
$canvasurlに格納されます

.はPHPでは文字列連結に使うため
http://キャンバスページのURL
もしくは
https://キャンバスページのURL
になります
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック