FC2ブログ

Java Script SDK の使い方 その1

facebook アプリを作るときに
JavaScript SDK をつかう時の処理の流れを書いてみました

まず、最初に JavaScript SDK ライブラリファイルをロードします

これは、Facebook のサーバーにあるライブラリファイルを
Script 要素でロードすることで使えるようになります

ちなみに、ライブラリファイルのURLは
http://connect.facebook.net/ja_JP/all.js

これをSSL対応するなら
https://connect.facebook.net/ja_JP/all.js

ただし この JavaScript SDK を使うにあたって
id 属性が fb-root の divタグが必要です

ソースでかくと
<div id="fb-root"></div>

これがないと動作しませんので要注意です

で、次に読み込ませかた

これは2種類あり、APIなどを使っているとお馴染みの
同期読み込みと、非同期読み込みの2つになります

twitter アプリなどをつくるときにはよくでてくる用語です

サンプルなどだと、非同期の場合が多いかも

非同期の場合
ライブラリファイルをロード完了してから
window.fb.AsyncInit() が実行されるため
アプリの初期化処理とかは
window.fb.AsyncInit() の中に記述します

* window であって windows じゃないですよ


同期の場合には
src 属性にライブラリファイルのアドレスを指定した script 要素
つまり
<script type="text/javascript"
src="http://connect.facebook.net/ja_JP/all.js">
<script>

これを <header> もしくは <body>
タグの中に書き込みます

とりあず、これがライブラリのロードです

次回はアプリの初期化をまとめてみようと思います
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック