FC2ブログ

Facebook サンプル実行

キャンバスURLを設定したら
次に
詳細設定を変更します

Sandbox Mode:
を有効にすることでアプリが非公開になります

逆に、無効にするとアプリが公開されます

ここまで行ったら、設定を保存します

アプリ作成をゼロからだと確認するときに挫折しやすいので

今回は、

のサンプルを使いました

最近の書籍では
ソースがダウンロードできます
(書籍についているパスワードが必要なときがあります)

まずは、感覚をつかむため
http://www.c-r.com/
から
サンプルをダウンロードし

unzip sample.zip
で解凍

次に、
sudo mkdir /opt/lamp/htdocs/facebook/
でディレクトリを作成

sudo cp -p ~/ダウンロード/CHAPTER02/006/index.html /opt/lamp/htdocs/facebook/
でコピー

vim /opt/lamp/htdocs/facebookt/index.html

15行めの
appId: 'アプリケーションID',
のアプリケーションIDを
App ID の数値に書き換え保存

これで
サーバーIPアドレス/facebook/index.html
でアクセスすればアプリが実行できます

ちなみに、今回は XAMPP で行いました
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック