FC2ブログ

Facebook アプリ作成で必要な curl

第四回Web APIを使ってWebアプリケーションを作る勉強会
に参加しました

とはいっても、仕事の関係上、録画していただいたものをみながら行っています

今回、つまづいたところとしては、
SSL通信可能なサーバーを用意するところでした

実際にはSSL通信可能なサーバーは、以前からいろいろと
VMware Player で構築してあったので、これについては問題なくできたのですが
問題は、ここではなく

その後のアプリへのアクセスでおきました

SSLの証明書作成や Web サーバー構築などについては問題ないのですが
キャンバスページへアクセスすると

Fatal error: Uncaught exception 'Exception' with message 'Facebook needs the CURL PHP extension.

というエラーが発生します

原因は、エラーにあるように、curlがないためでした

このため、以前 VmwarePlayer で作成した fedora13 を使うことにしました
この仮想マシンには XAMPPでいろいろと 日経Linux を参考に
Web アプリをインストールしてありましたので、こちらを使うことで解決しました

XAMPP で WordPress
Webメールアプリ RoundCube
スクリプトを混ぜたサーバー構築実験
Piwigo でWeb フォトアルバム
ClipBucket

といった過去に掲載した内容がこれには構築してあるため、実験には最適でした

なお、今回の勉強会では
レンタルサーバーを用意して行っていましたが、XAMPPや自宅サーバーでも
再現はできるようです
(今回はXAMPPで行いました)

xampp で実験する場合、
/opt/lampp/htdocs/
の中に
mkdir /opt/lampp/htdocs/facebook
として
facebook というディレクトリを作成

必要なファイルの編集が終わったら、FTPソフト、FileZila
もしくは scp コマンドで転送することですすめることができます

今回の場合、キャンパスURLには
http://192.168.10.141/facebook/

セキュリティで保護されたキャンパスURLには
htts://192.168.10.141/facebook/
というようにしました

セキュリティで保護されているほうは
https となりますのでご注意


ちなみに、XAMPPの場合、permission 関連でエラーになることがあるので
そのときには
chown で権限を変更することが必要になります

今回は、scp でコピーしたときに root 権限になっていたので、
URLへアクセスしてもエラーになりました

対策として
chown wiki -R /opt/lampp/htdocs/facebook/
として
権限を root から一般ユーザへと移す必要がありました

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック