FC2ブログ

vi エディタでの範囲指定での置き換え

vi エディタで設定ファイルの置き換えをしようとしたものの
やり方を忘れてしまったので、メモ

以前、sed コマンドで置き換えをしたけど
vi エディタのときにはどうやったかを忘れてました

ちなみに、sed での置き換えについては
sedコマンドの練習(追記偏)
に書いてあります

ちなみに、今回置き換えたのは、FTPサーバーで
不特定多数のアクセスができないように、不要なところを
コメントアウトするというもの

今回は、45~65行めまでコメントアウトしたかったので
:45,65 s/^/#/
で行うことができました

指定行数 コメントアウト vi で検索した結果
■[Linux] vi で範囲を指定してコメントアウト
に載っていましたので
参考にさせていただきました

あと、CentOS では fedora のように、: のあとにカーソルで上下しても
履歴がでてきません

これはCentOS 5.2 のvimで、検索履歴の閲覧ができないと思ったら
によると
vim ではないためでした
エイリアスを設定すれば解決するようです
エイリアス設定が面倒な場合、vi ではなく
端末で vim とすれば問題なく使えます
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック