FC2ブログ

Google Translate API を使ってみました

Google Translate API を使ってみました


http://code.google.com/apis/console/?api=traslate
へアクセスし
Google アカウントでログイン

Google アカウントは、Gmail のもので充分です


すると、1Start using the Google APIs Console
という画面がでてくるので、

本来なら、Add Project ... を選択

私の場合、すでに過去に選んでいるため

いきなり、
Create project ...
しかでないという状態ですが

Screenshot-17.png


これで、
Google API Console の画面がでます

Screenshot-18.png


この画面では
各APIの有効化の有無を決定できます

まずは、今回つかった機能
Google Translate API
を使います

まずは、アクセスキーを取得します
やりかたがわからなかったので、
Google 翻訳API用キーの取得手順メモ
を参考にさせていただきました

最初に、Services の中にある Translate API を「ON」に変更
Screenshot-21.png

続いて、同じ画面上ある「API Access」をクリック
Screenshot-20.png

これで、アクセスキーが表示されます

Screenshot-22.png

API key
という部分が使う値です


今回は、試験的に
Firefox の URL 入力欄へ
https://www.googleapis.com/language/translate/v2?key=APIキー&source=en&target=ja&q=Hello%20world
と打ち込んで見ました

key=APIキー
は、API キーを示します

source=en
は、翻訳元の文字コード、つまり翻訳する国の文字です
例えば、英語の文字を日本語にするなら、ここは英語の文字コード
en が入ります

target=ja
は、日本語にするという意味です
もし、英語にするなら、
target=en
となります

q=Hello%20world
は、Hello%20world
という文字を翻訳するという意味です

ちなみに、%20 は
HTMLの文で、スペースを意味します
詳しくは
URIとファイルディレクトリ
を見てください
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック