FC2ブログ

Tltanium Mobile について

TItanium Mobile について少しまとめてみました

Titanium Mobile で作成されたアプリは、
Resourcesディレクトリの下にある
app.js
というjavas script が読み込まれて実行されるとのことです

この app.js を改造することで、アプリを簡単に改造できるようです

通常、ブラウザの java script で外部からデータを取得するには
XML HttpRequest
を使いますが

Titanium Mobile では
Ti.NetWork.createHTTPCrient
を使うことで、外部データの取得ができるようです

これを使えば、twitter API から情報を取得できるようです

参考に、日経 Linux 2011-05 を使いましたが、なぜかうまくいかず
理解できないこともあったため、やめました

まず、念のため、バックアップをとります
/home/wiki/Test1/Resources/app.js
を失敗したときに戻せるように
cp Test1/Resources/app.js app.js_back
でバックアップ作成

次に
vi Test1/Resources/app.js
でファイルを開き

var window = Titanium.Ui.createWindow({backgrounColor: "#000"});
var tableView = Titanium.Ui.createTableView({
data: [{title: "Test1"},{title: "Test2"}]
});
window.add(tableView);
window.show()
を記述するようなのですが、
どこを書き換えるのかもわからず、一旦すべて削除してから
追記してもエラーになります

このため、参考サイト第2回 TitaniumでTwitterクライアント
をベースに、以下のように記述することで
起動することができました

Titanium.UI.setBackgroundColor('#000');
var tabGroup = Titanium.UI.createTabGroup({});
var win1 = Titanium.UI.createWindow({
title:'Tab 1',
backgroundColor:'#fff'
});
var tab1 = Titanium.UI.createTab({
window:win1 //前回,必要な引数まで削除していました。すいません!
});


var window = Ti.UI.createWindow({backgroundColor: "#000"});

var tableView = Ti.UI.createTableView({
data: [{title: "Test1"},{title: "Test2"}]
});
win1.add(tableView);

win1.hideTabBar();
tabGroup.addTab(tab1);
tabGroup.open();
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック