FC2ブログ

Ziio 7 を開発環境に利用

日経Linux 2011-05 を参考に、Ziio 7" を adb で認識できるようにしました

今回の実験機材は



そのまま実行しても、うまくいかない点が多かったので
ここは
自分なりに調べたりして解決を目指します

最初の Android SDK の導入に関しては
以前から開発環境に使っている Android 開発環境の手順で導入しました

この環境の作成手順は
DropBox とスクリプトで開発環境
に書いてあります

さらに、この環境をカスタマイズします

sudo vi /etc/udev/rules.d/70-android.rules
でファイルを作成し
SUBSYSTEM=="usb",SYSFS{idVendor}=="2350",SYMLINK+= "android_adb",MODE="0666"
を記述します

echo 0x2350 >> ~/.android/adb_usb.ini

ベンダーIDを登録します

これで
sudo shutdown -r now
で再起動し、
adb devices

認識されていれば、成功です

Eclipse を立ち上げ、プロジェクトを実行すると
どの端末で実行するかを聞かれます

Android エミュレータが起動していると
エミュレータ と Ziio 7" を選べるので
このときに Ziio 7" を選ぶと
Ziio 7" でアプリが実行されます

実行した感想としては
やはりエミュレータよりも実機のほうが早いと思います

また、この機体には root 化するという方法もあります
ただし、保証がなくなったり、いろいろと面倒なことがおきたりするようです

iPod toich や iPhone の脱獄のようなものです

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック