FC2ブログ

Android アプリ作成(インテント編)その5

今回も、日経Linux 2011-05 を参考に
アプリ開発の勉強です

今回は Google ストリートビューを使ったものになります

前回使用したコードを改造します

public void onClick(View v){
Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW,Uri.parse("http://itpro.nikkeibp.co.jp"));
startActivity(intent);
}

public void onClick(View v){
Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW,Uri.parse("googles.treetview:cbll=35.710883,139.796321"));
startActivity(intent);
}
とします

この35.710803 が緯度
139.796321 が経度
となります

ちなみに、
public void onClick(View v){
Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW,Uri.parse("geo:35.710883,139.796321"));
startActivity(intent);
}
にすると、Google マップのほうで表示されます

さらに、このストリートビューには
カメラ視点をかえることができます

緯度、経度の後に
&1,ヨー,,ピッチ,ズーム
を追加すればできます

ヨーは、北からの時計回りの角度

ピッチは少しわかりにくく、
真上は -90
真下は 90

ズームの倍率が少々わかりにくく
2倍なら 2.0なのに、
4倍になると 3.0
となるようです

少し検索してみましたが、
Anderoid googlestreetview ズーム
ではでませんでした

とりあえず、まずは実行して検証するということで
実権開始

public void onClick(View v){
Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW,Uri.parse("google.streetview:cbll=35.710883,139.796321"));
startActivity(intent);
}

public void onClick(View v){
Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW,Uri.parse("google.streetview:cbll=35.710883,139.796321&cbp=1,10,,10,1"));
startActivity(intent);
}
にして実行すると
見事に雷門の画像がでてきます

この経緯度を自分の好みの場所にすることで
画面に表示することができます
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック