FC2ブログ

ubuntu 10.10 へ公開鍵認証でログイン

ubuntu 10.10 32bit へ公開鍵認証でログインできるようにしてみました

まず、クライアントとして
fedora もしくは ubuntu を使います

SSHでログインできるように、ubuntu へ
sudo apt-get install openssh-server

SSHログインを可能にします
これで、まずは、SSHのログイン、scp などが使えるようになります


続いて、接続する fedora もしくは ubuntu を使います
参考書籍はubuntu magagine 05
最初に
ssh-keygen

ファイルをつくるか聞かれるので
Enterキーを押す
次に
パスフレーズを入力

確認のため、もう一回いれるように指示されるので
再度同じパスフレーズを入力

デフォルトだと、$HOME/.ssh
に鍵ができているので
cd $HOME/.ssh
で移動

次に、scpコマンドを使い、
接続するクライアントからubuntu へ鍵をコピー
scp id_rsa.pub wiki@192.168.10.205:/home/wiki/.ssh

.ssh ディレクトリにコピー

ここまですんだら、次に ubuntu へログインします

ssh wiki@192.168.10.205
でログインパスワードを入力しログイン

次に、サーバー側の設定を変更
まずは、公開鍵をauthorized_keys へ登録
(もしなくても、以下のコマンドを実行すれば自動で作成されます)

cat id_rsa.pub >> authorized_keys

適切なパーミッションになっていないと、鍵認証が有効にならないので
chmod 600 authorized_keys
で権限変更

なお、パーミッションの確認は
ls -lF
で確認できます
(参考サイトはファイルのアクセス権限(パーミッションについて)

これで、次にログインしようとすると、公開鍵認証のフレーズを入力されるようになります


ちなみに、鍵の登録を簡略化することもできます

使用するのは
ssh-copy-id
です

ssh-copy-id -i ~/.ssh/id_rsa.pub wikil@192.168.10.205
とすれば、簡単に鍵を登録できます

構文は
ssh-copy-id -i 鍵の場所 ユーザ名@サーバーIPアドレス

となります


一度、ログインに成功すると、その後は
キャッシュにデータが保存されるようです

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック