FC2ブログ

日本の短期金利上昇と協調介入

先週、原発関連のニュースなどで、日本の短期金利が急上昇しました

通常、ショートポジションの場合、
スワップ金利支払いですが、日本の短期金利が
ほかの通貨よりも高くなったため、スワップが逆転しました

以前、リーマンショックのときにも
同様の現象がおきました

このときには、ドルの短期金利が急上昇でした

今回の円高要因として、
日本の金融機関などが、保有する海外資産の売却をするという思惑
そして、日本企業の決算のための資金還流が原因とのことです

資金還流に関しては、毎年恒例で、3月と9月は円高傾向
11月~12月は、アメリカ企業によるドル高傾向

というのがありますので、こちらはいつもどおりの展開と思われます

通常、経済状態が危険な国の通貨は、通貨安となります

最近の例でいうと、ユーロです
ユーロ自体は、ドイツのマルクがベースとなったそうですが

ユーロ安の元凶は、PIIGS 諸国の債務超過
デフォルト懸念が原因となっています

ただ、ユーロと日本円の最大の違いは、保有している海外資産です

よく日本の借金は数百兆とかいわれますが、あくまで
あれは国内の借金というわけです

実は、日本は世界最大規模の債権国です

ちなみに、債務国は、お金を借りている国
(ギリシャ、ポルトガルなど)

債権国はお金を貸している国です

もうちょっと噛み砕くと

債務国=ローンを組んだ人

債権国=銀行

というかんじです

以前、阪神大震災のときにも、同じように円高となりました

このときに1ドル79円となったのです

このときに行われたのが、今回と同じように協調介入でした

しかし、何度かの協調介入を行う必要がありました

また、協調介入をすると、これを絶好の売り場とみて
ヘッジファンドなどがショートを仕掛ける可能性があります

問題は、協調介入の規模です

前回1995年のときとは異なり、
世界的な不況の状況です

はたして、どこまで協調介入できるのかがポイントとなりそうです

スポンサーサイト



テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック