FC2ブログ

fedora9 プリンタ設定

Fedora 9 で EPSON の PX-G900 を使うことにしました

ただ、Windowsと違って、Linuxだと問題があります

1、Linux用のドライバが製品についていない
2、メーカーの動作保証がない
3、ドライバのインストール後に手間がかかる

といったところです

で、やり方ですが、まずは
http://avasys.jp/i
で EPSON のプリンタのドライバをダウンロード

次に、端末を開いて
$ su
で管理者権限になり
# yum --nogpgcheck localinstall pipsg900-cups-2.6.2-2.i386.rpm
でインストール完了です

yum localinstall を使ったのは、依存関係の問題を自動解決してくれるから

--nogpgcheckをつけたのは
ドライバの rpmファイルには、暗号化のGPGの書名がないので
それを無視するためです

あとは、CUPSに登録してアプリケーションから読み出せるように
# /etc/init.d/cups restart
で印刷ができるようになります

ただ、問題点が残っています
それは、インク残量などをみることができません
これも課題ですね
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック