FC2ブログ

wine へ DirectX9.0cインストール

Direct X をインストールするには、
アーカイブファイルからインストーラを抜き出すソフトが必要

$ sudo apt-get install cabextract
でインストール

次に、レジストリファイルを、テキストエディタでつくり、
/tmpディレクトリに保存

そして、これが一番厄介なのだが、Windows のDLLファイルをコピーする
このため、正規のWindows がないとおそらくできない

しかたがないので、Windowsを用意し、必要なDLLを使うことに・・

まず、C:\WINDOWS\system32から
mscoree.dd
streamci.dll

~/.wine/drive_c/windows/system32\
へコピー

次に、C:\WINDOWS\system32\driversから
gm.dls

~/.wine/drive_c/windows/system32/driver
へコピー

DirectX9.0cを
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c1367bc3-4676-481a-bfaa-5c15d1d7199d&DisplayLang=ja
からダウンロードし
/tmpへ保存します

解凍用ディレクトリを
$ mkdir $HOME/.wine/drive_c/DORECTX
で作成

$ cabextract -d $HOME/.wine/drive_c/DORECTX /tmp/directx_mar2008_redist.exe
で、アーカイブファイルからインストーラを抜き出します

ただ、そのままインストールしても、.NET Framework 2.0がないとエラーになるので
$ wget http://kegel.com/wine/winetricks
でファイルをもってきて、

$ sh winetricks corefonts dotnet20
で、.NET Framework 2.0をインストールします

あとは、
$ wine "C:\DIRECTX\DXSETUP.exe"
でインストールできるはずです

ただ、このままゲームをしても、音がでないんですよ・・・
Windows Media Playerが入っていないので、これは次の課題といった
ところでしょうか・・・
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック