FC2ブログ

Android アプリ作成(タッチ処理編)その3

Android アプリ作成(タッチ処理編)その2
をさらにカスタマイズし、音がでるように改造します

参考資料は、日経Linux 2011-03 です

新しく res の下に raw というディレクトリを作成します

まず
res ディレクトリの上で右クリックし

New > Folder
で設定ウィンドウがでてきますので

Folder name: の欄へ raw と入力し
Finish
をクリックします

これで、ディレクトリが作成されます
ちなみに、英語なのは
私の場合
DropBox とスクリプトで開発環境
にあるように、スクリプトでインストールしたときに
日本語化処理を行っていないためです

今後、英語のサイトなどを使うときの練習として
なるべくプログラミングは日本語化せずにできそうなものは
英語にしてみようと思っています

幸い、Eclipse は日本語化されて説明されていることが
多いので単語を置き換えながら
進めれば、なんとかなります

習慣化してくれば、気にならなくなります

日経 Linux 2011-03では don.wav
というファイルを使っているそうですが、
ubuntu には入っていませんし、再現性の問題から
デフォルトで入っている音源を使おうと思います

サンプルの音声が
/usr/share/sounds/
の中にありますので、好きなディレクトリの中のファイルから
使うことにします

今回は
ubuntu 10.10
の中の
/usr/share/sounds/speech-dispathcer/
の中にあるダミーメッセージファイルになる
dummy-message.wav
を使います

これをドラッグ&ドロップして、Eclipse の
raw ディレクトリにもっていきます

これで、音声ファイルが用意できましたので
それでは、引き続き java コードの改造をしていきます

今回、追加するのは
SoundPool クラス
(ゲームやボタンクリックの効果音など
 比較的短い音声再生につかうらしいです)

load メソッド
(音声ファイルの読み込みに使用)

playメソッド
(音声ファイルの再生に使用)

今回は、変更するために、いちど
setContentView(R.layout.main);
の下からの部分を切り取ります

切り取るのは

Button button = (Button)findViewById(R.id.Button02);
button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {

@Override
public void onClick(View v) {
// TODO Auto-generated method stub
TextView textView=(TextView)findViewById(R.id.TextView01);

textView.setText("ボタンをクリックしたよ");

}
});


の部分です

念のため、後で直せるように

アプリケーション > 
アクセサリ > Tomboy メモ
で新しいメモを開き、
張り付けておきます

これで、最悪の場合、この部分を張り付けて元に戻します

これで、バックアップもできたので

安心して機能を追記できます

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック