FC2ブログ

Android アプリ作成(タッチ処理編)その2

Android アプリ作成(タッチ処理編)
の続きになります

ちなみに、参考書籍は 日経 Linux 2011-03です
写真入りの解説なので、わかりやすいです

ここで、main.xml のTexiView01 を取得し、 Text の
内容を変更する処理を追記します

public void onClick(View v) の下に追記します

TextView textView=(TextView)findViewById(R.id.TextView01);

今回もインポートすることが必要になるので
import TextView (Android widget)
をクリックします

これにより、文字列を表示する機能
TextView を使えるようになります

そして、その下へ文字列を表示する設定を記述します
文字列を表示するには
setText()
を使います

textView.setT
まで入力すると、候補がでてきますので
setText(CharSequence text);void
を選びます

そして、() の中を
"ボタンをクリックしたよ"
というように書き換えます

textView.setText("ボタンをくりっくしたよ");
という文になります

あとは保存して、実行すればボタンを押すことで
ボタンの下の文字が変わることを実感できるはずです

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック