FC2ブログ

Android アプリ作成(タッチ処理編)

今度は、簡単な処理をする動作をつくってみます

まず、TextView を追加します
追加するには
Graphical Layout で
TextView をドラッグ&ドロップします

さらに
Show in > Propeties

T3ext の値を @string/hello
へ変更します
また、
main.xml の layout?height を wrap_content
にして文字に合わせ
layout_width を fill_parent にして
画面に合わせました

ここからは処理機能を追加するので、java のソースコードを改造していきます
まず、
src
というディレクトリの2階層下にある
Activity.java
を開きます

もう少し正確にいえば
アプリケーション名(testapplicationなど) >
src >
パッケージ名(jp.co,nikkei.testapplicationなど) >
Activity.java

という階層になっています

今回は Button2 をクリックしたら
TextView の内容が変わるというシンプルなものです

まず、
setContentView(R.layout.main);
の下に
Button button = (Button)findViewById(R.id.Button02);
を追記します

まだButton が java の標準機能に組み込まれていないので
Eclipse で赤い下線が引いてある Button にカーソルを合わせ

import "Button" (Android wodget)
をクリックすることでインポートされます

これを行うことで、
import android.widget.Button;
が追記されます

この次に、ボタンを押したときの処理を書きます

ボタンをクリックしたときの処理は
setOnClickListener() を使いますが
全部入力せずとも
Button.setOnC
まで入力すれば、Eclipse で候補をだしてくれるので
該当するものをダブブクリックすれば自動入力されます

このときできた
Button.setOnclickListener(1)
の1の部分を消し

new View.setOnClickListener
を追記するのですが

new View.OnC
まで入力すれば、さきほどと同じように Eclipse が候補を選別してくれます

これにより、自動的に
public void onClick(View v){
}
が追記されます

Eclipse ってほんとに便利だと思います

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック