FC2ブログ

Webメールアプリ RoundCube その3

ようやく、スクリプトを使って
ローカルメールサーバーが構築できましたので
これに RoundCube をインストールしていきます

/optlampp/lampp start
でXAMPP を起動します

スクリプトの設定どおりにいっているなら
メールサーバーも起動しているのですが
念のため Thunderbird から
自分あてのメールを送受信してみます

これで、自作のメールサーバーから
送受信が確認できたなら
いよいよソフトの導入開始です

まず、Firefox で
http://サーバーIPアドレス/roundcube/installer
へアクセスします

今回の場合なら
http://192.168.10.141/roundcube/installer
となります

一番下に
START INSTALLATION
というボタンがあるので、これをクリック

次の画面で
必要な条件を満たしているかがでますので
ここで条件が OK となっているなら
NEXT
をクリック

次の画面でインストール画面になります

product_name には
サイトのタイトルを記入します
私は実験なので、そこまで深く考えず
デフォルトのまま Roundcube Webmail にしました

次に、
Database setup
のところで、自分のデータベースの情報を入力します
この情報を確認するには
/optlampp/bin/mysqlshow -uroundcube -p roundcubeemail
で確認します

ちなみに、本来の構文は
/opt/lampp/bin/mysqlshow -uユーザ名 -p データベース名
です

パスワードは、Webメールアプリ RoundCube その2
で設定したもので、今回は
pass です

設定を順番に書くと
Database type には
MySQL

Database server(omit for sqlite)
には
localhost

Database name (use absolute path and filename for sqlite)
には
roundcubeemail

Database user name (needs write permissions)(omit for sqlite)
には
roundcube

Database password (omit for sqlite)
には
pass

を入力します

さらに、IMAP Setting があるのですが
DNSが構築できていないので、今回は
サーバーIPアドレスにしてみました
このため、
The IMAP host(s) chosen to perform the login
には
192.168.10.141

同様に、SMTP Setting にも
サーバーIPアドレスを使用します
smtp_server
には
192.168.10.141
としました

さらに、SMTP認証をつけてあるので
smtp_user/smtp_pass
の設定をします
smtp_user には fedora@linuxwiki.com
smtp_pass には hebereke
を入力します

SMTP 関連については
echo "hebereke" | saslpasswd2 -p -u linuxwiki.com -c fedora
のところです
構文は
echo "SMTPパスワード" | saslpasswd2 -p -u ドメイン名 -c ユーザ名
となります


次は言語設定になります
Display setting & user prefs

language のところで
ja_JP
を入力し、日本語をデフォルトにします

ここまで入力が完了したら
CREATE CONFIG をクリックし、次の画面を表示します

すると、
main.inc.php (download)
db.inc.php(download)
という項目がありますので、
青くなっている download の部分をクリックし
ダウンロードします
ただし、ページはそのままです

そして、このファイルを
/opt/lampp/htdocs/roundcube/config
へコピーします

大抵は、$HOME/ダウンロード
にダウンロードされますので、
一度ダウンロード先に cd で移動し
cp main.inc.php db.inc.php /opt/lampp/htdocs/roundcube/config/
で設定ファイルをコピーします

これで次に進めるようになりましたので
ダウンロードした項目の下に
CONTINUE というボタンをクリックし

次の画面で送受信テストを行います

Test SMTP config
では送信テストを行います

Sender には送信するメールアドレス
Recipient には受信するメールアドレスを入れます
今回は、ローカル内での送受信になるので、
両方とも
fedora@linuxwiki.com
にしました

成功すれば
Thunderbird にメールが届きます

続いて、受信するサーバーのテストになります
Test IMAP config

server に IPアドレス(今回は 192.168.10.141)
Port には 143
Username には fedora
Password にはログインパスワード
となります

ちなみに、このfedora というユーザは
ssh接続ができない一般メールユーザとして作成したもので
このようなユーザを作成するには
useradd -s /sbin/nologin ユーザ名
で作成できます

これで、送受信がOKであることを確認できたら、
インストールウィザードは使わないので
アクセス不能にするためにパーミッションを変更します

cd /opt/lampp/htdocs/roundcube/
chmod 700 installer/

これで、設定が完了です
次回からは、実際に RoundCube へログインし、
使用してみます

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック