FC2ブログ

最新のAndroid SDKと adb その2

adb の設定をしましたので、忘れずにメモ

今回、使用したのは
Android SDK r08 linux です

adb が収録されているのは
/android-sdk-linux_x86/platform-tools
の中にありますので
ここへパスを通します

私の場合。bin の中にありますので
vi .bashrc
で設定ファイルを開き、ファイルの最下行へ
PATH=$PATH:$HOME/bin/android-sdk-linux_x86/platform-tools
を追記します

その後、設定を有効にするために
source .bashrc
を実行します

これで、adb コマンドを実行可能になります


続いて、仮想化環境で作成した androidx86 へ接続します

まず、virtualbox の android x86 のIPアドレスを調べます

私の場合、ローカルIPは 192.168.10.177でした

IP アドレスがわかったら
adb connect を使う方法
を参考に

adb kill-server
adb start-server
adb connect 192.168.10.177:5555

これで接続します

接続確認するのには
adb devices
を実行

これで
List of devices attached のところに、接続しているデバイスが表示
されます

ちなみに、今回の私の環境では
192.168.10.177:5555 device
と表示されました

ここまで準備できたら、いよいよアプリ起動です

eclipse を起動し 作成した アプリのプロジェクトを選択
そして、アプリを実行しようとすると
どのデバイスで起動するかを聞かれますので
先ほど設定した device を選択します

これで、Virtualbox でアプリが起動します

Eclipse で起動したアプリを終了するには
ESCキーを押すことで終了できます

接続を切るには
adb disconnect IPアドレス
となります

今回なら
adb disconnect 192.168.10.177:5555
となります

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック