FC2ブログ

Application cache

Application cache は
Webアプリの実行に必要なファイルをあらかじめダウンロードしてローカルの環境に保存しておき
インターネットにつながらない環境でも実行を可能にできるようです

今回は、前回作成した
webworkers のサンプルページにいく前に通るトップページという
Application cache を適用します

htmlタグにmanifest属性を追加
manifest ファイルの名前
sample.manifest を指定します

そして、sample.manifestでキャッシュすうファイルの名前を指定します

こうしておくことで
トップページにアクセスしたときに
sample.manifest で指定したファイルがキャッシュされ
ネットが切断されても
まだリンクしていないファイルを表示することもできるようです

今回も、XAMPPを使って実験します

http://dev.c-lis.co.jp/html5/nikkeilinux201102/
からダウンロードしたファイルを
unzip all.zip
で解凍

さらに、
sudo cp -p ~/ダウンロード/applicationcache/* /opt/lampp/htdocs/
でコピー

これで実験できます

日本語の部分が文字化けしているため
UTF-8で文字コードを指定したのですが
ダメでした

手打ちで自分で打ち込めば、文字化けはしないようです
改行コードが原因なのかもしれません

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック