FC2ブログ

正規表現で置き換え文字を指定


正規表現を置き換え文字の指定に使えます

例として
001:田中:男:21
002:鈴木:女:19
003:伊藤:男:31
004:山田:女:27
005:井上:男:18
006:佐藤:女:22

という内容のファイルの性別のところを削除
してみます

:%s/:[男女]:/:/g
を実行すると

:男:と:女:の部分が
:
に置き換えられて
001:田中:21
002:鈴木:19
003:伊藤:31
004:山田:27
005:井上:18
006:佐藤:22

となります

また、vi のexコマンド :d と正規表現を
組み合わせ、対象行を設定できます

もし、:男: を含む行を削除するなら
:g/:男:/d
とすれば

001:田中:男:21
002:鈴木:女:19
003:伊藤:男:31
004:山田:女:27
005:井上:男:18
006:佐藤:女:22


002:鈴木:女:19
004:山田:女:27
006:佐藤:女:22

となります

この正規表現置き換えは
ビジュアルモード
でもできます

例として
:v で
ビジュアルモードになり範囲指定後に

をタイプすると

:'<,'>
がでるので
これに続いて 変更内容を記述します

今回は : を, に変更してみます

これを実行するには
:<','>s/:/,/g
とすれば
選択範囲が書き換えられ

001,田中,男,21
002,鈴木,女,19
003,伊藤,男,31
004,山田,女,27
005,井上,男,18
006,佐藤,女,22

となります

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック