FC2ブログ

sed コマンドで文字の置き換え

sed コマンドを使ってファイルの置き換えができます

sed コマンドについての解説については
【 sed 】 文字列の置換,行の削除を行う
に載っています

ただ、ここに載っている限りでは
-i オプションというものがありませんでした

sed コマンドは、ファイルの置き換えなどをしますが、その結果を
オリジナルのファイルに書き込んでくれないので、
結果として別のファイルに出力していました

しかし、
sedで同じファイルに書き戻す
という記事を発見し、
どうやら -i オプションをつけて実行すると
そのまま書き込めるようです(CentOS,Fedora ではできました)

また
$ sed -i.org s/abc/def/g a.txt

a.txt - 処理したファイル
a.txt.org - 元のファイル

というように、バックアップの作成も可能なようです

-i オプションをつけた実行例が
ファイアウォール構築(iptables)
の中に記述されていました

探すには大変なので、
Firefox を使用している場合
「編集」>「検索}
で検索欄を表示し、空欄のところに
sed -i
と記入し、「次を検索」
を続けると見つけることが簡単になります

まだまだ、シェルスクリプトについては勉強中ですが
こういう短縮手段が使えるようになると
vi で開いて設定せずに、シェルスクリプトで
設定ファイルの設定ができるようになれると思います

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック