FC2ブログ

fedora 14 で ffmpeg をソースから その4

今回も、フリーソフトの編集のつづきです

参考資料は



さて、今回足りないソースを入手したいのですが、残念ながらFedora14
の場合、yum でインストールできません
(まだパッケージ化されていないようです)

仕方ないので、
ソースからいれます

ちなみに、さきに必要なソースをいれてから
コンパイルしないとだめです

つまり、
1、必要なソースをコンパイル
2、ffmpeg をオプションつけてコンパイル

ということになります

この必要なソースファイルも、付録としてついているので、
そのまま使わせてもらうことにします

cd /usr/local/src/
cp /media/Fedora/article/toku3/lame-3.98.4.tar.gz .
tar xzvf lame-3.98.4.tar.gz
cd lame-3.98.4
./configure
make
make install

これで、コンパイル & インストール完了です

確認のため
find . -name lame.h
を実行すると、
./include/lame/lame.h
./src/lame-3.98.4/include/lame.h
がでてくるので、成功です

find コマンドに関しては
UNIXコマンド辞典 > ファイルとディレクトリの操作 > find
が参考になります

私なりの解釈ですと
find 調べるディレクトリ オプション 探すファイル
というかんじです


ちなみに、
. はカレントディレクトリ
.. は親ディレクトリを意味します

詳しくは
参考サイトにリンクのあった
絶対パスと相対パス
をみてもらえば、より詳しい説明が見られます

ここまでおこなったらようやくコンパイル開始です

まずは実験用ディレクトリ作成します
cd /usr/local/src/
mkdir -p build--ffmpeg-3
cd build--ffmpeg-3/

次に configure をオプションつきで実行
../ffmpeg-0.6.1/configure --enable-shared --disable-static --enable-gpl --enable-version3 --enable-nonfree --enable-postproc --enable-avfilter --enable-avfilter-lavf --enable-pthreads --enable-x11grab --enable-vdpau --enable-libmp3lame

あとは、いつもどおりに
make
make install
でインストールされますが、まだ設定が必要になります
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック