FC2ブログ

fedora 14 で ffmpeg をソースから その3

オプションなしでは、MP3が有効にはなりませんでした

こういった場合、大抵は INSTALL ファイルに対処が載っています

less ../ffmpeg-0.6.1/INSTALL
で内容を確認すると

../ffmpeg-0.6.1/configure --help
で見れるとのことなので、

../ffmpeg-0.6.1/configure --help | less
で調べると

--enable-libmp3lame enable MP3 encoding via libmp3lame [no]
となっています

この一番右端の [no] は、
configure を実行するときに、オプションなしで実行すると
無効にする
という意味です

このため、オプションなしで実行した場合、MP3変換ができなかったということです

ちなみに、configure のときにオプションをつければOK?
と思いたいのですが、残念ながら必要なソフトが入っていないと
エラーになります

今回、新たにディレクトリを作成し、以下のように実行したのですが
必要なファイルがないのでエラーとなりました
cd /usr/local/src
mkdir -p build--ffmpeg-2
cd build--ffmpeg-2/
../ffmpeg-0.6.1/configure --enable-libmp3lame | tee ff-config.log

この場合、必要とされているファイルを
パッケージ、もしくはソースから入れる必要があります

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック