FC2ブログ

fedora 14 で ffmpeg をソースから その2

さて、今回は、解凍した続きからになります

たいていのフリーソフトでは、
中に README ファイルがあります
説明書みたいなものです

これと重要なのが INSTALL ファイル
これは読んで字のごとく、インストール方法です

ファイルの一覧をみるには
ls -F
と行うと、ファイルの一覧を見れます

今回なら
ls -F /usr/local/src/ffmpeg-0.6.1
です

コマンドで説明書をみるときには、cat コマンドより
less コマンドを使います
ページで管理できるし。読み終わったら qを押せば終了なので
便利です
詳しい情報については、「less コマンド」で
ぐぐればでると思われます
おすすめなのは
UNIX入門 > Linuxコマンド一覧 > less
とか
less(1)コマンドの便利な使い方10
などなど探すといろいろでてきます

実際にファイルを開いてみるとわかるのですが
大抵の場合、内容は英語で記述されています

とはいっても、難しく考えることはありません
いまは便利なもので、google 翻訳などをつかったり、ある程度は掲示板できくことでも
対処できると思います
(掲示板で書くときには、ある程度自分で調べたあとのほうがいいと思います)
google 翻訳はこちら
掲示板に関しては、
ubuntu 日本語フォーラム

fedora user forum
などもありますので、こういったところで聞いてみるのもよいでしょう

コマンド操作に関してはある程度の慣れが必要です
キーボードの打ち込む速度のように、使っているとなれてきますので
英語やコマンドもなるべく使っておくと、自然に使えるようになってきます

さて、話を元に戻します

英語マニュアルによれば、新規にディレクトリをつくって実験みたいなかんじで
書いてあるので
cd ..
mkdir -p build--ffmpeg-1
cd build--ffmpeg-1/
と作成しておきます

cd ..
は、1うえのディレクトリに移動です
これを使うと、移動が楽です

ここまでいったら
../ffmpeg-0.6.1/configure | tee ff-config.log
を実行し、まずはオプションなしで実験します

teeコマンドは、標準出力とファイルの両方に出力する
コマンドです

解説についてはUNIXコマンド辞典
に載っています

今回、参考にした雑誌、日経Linux によれば
フリーソフトのコンパイルのときのポイントは2つあり、
1、まずはオプションなしで実行
2、confiture のときに tee コマンドを使ってログを書いておくこと


ということだそうです

このあたりの詳しい説明は

に載っています

ここまでの実験でできたログファイルをみると
オプションなしなので、mp3 が使えない状態になっています

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック