FC2ブログ

ダウンロードページの作成について

最近は、メモがわりに自宅サーバに設置した
puwikwiki に書き込んだりしています

今回は、pukiwiki のダウンロードページの作成をしてみました

毎回、ファイルをネットからダウンロードするのではなく、
必要なファイルをあらかじめサーバーにいれておき、必要なときに
そこからダウンロードすると非常に楽です

通常、HTML のダウンロードページをつくるときには

<a href="http://192.168.10.100/downloadpage/xampplite-win32-1.7.3.exe">xampp>
のように書くのですが、
pukiwiki では
&ref(http://192.168.10.100/downloadpage/xampplite-win32-1.7.3.exe);
というように、
$ref(ファイルの置き場);
というように書くようです

今回の参考サイトは
PukiWikiの使い方
を参考にしました

HTMLの記述に関しては
リンクを貼るタグ 
を参考にさせていただきました
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック