FC2ブログ

MyNETS

今回も日経Linux におもしろい記事が載っていたので、
さっそく実践してみようと思います



今回の特集では、SNSサイトの構築をするという内容です

ここでは、おおまかに自分なりにおこなったログを
アプトプットしていこうと思います

今回は、メール機能を使うようなので、
service sendmail start
を実行して、まずは、メール機能を使えるようにします

ただ、今回もXAMPP での実験となるため
ルーターのポート開放、OP25B対策といったとことは行いません

あくまで、自分自身(localhost)への送信となるようです

ちなみに、書籍では CentOS を使っていますが、私は
fedora 13 32bit を使っていますので、多少異なるかもしれません

とりあえず、
/opt/lampp/lampp start
を管理者権限で実行し、XAMPP を起動します
ことのきに、chkconfig などをつかって apache とか
MySQL が起動しているとエラーになるようです

次に、本来ならダウンロードサイトに移動して
MyNETS をダウンロードするのですが。日経Linux に収録されているので

cp -p /media/Fedora/article/rensai_server/MyNETS-1.2.0.4.zip /home/wiki/ダウンロード/
でPC内にコピーします

一度PCにコピーしたほうが、CDドライブアクセスするより早いので
この方法を使っています

そして
cd /home/wiki/ダウンロード

コピー先(今回は /home/wiki/ダウンロード) に移動

後は、
unzip -d /opt/lampp/htdocs/ MyNETS-1.2.0.4.zip
で解凍します
unzip だけで解凍するよりも、-d オプションをつけて、
解凍して送りたいディレクトリに解凍してしまった方が
解凍してから mv コマンドで移動させるよりも手間がはぶけます

その後、設定ファイル、画像、ログの書き込みが可能になるよう
所有者を変更します

chown nobody /opt/lampp/htdocs/Usagi/conf
chown nobody /opt/lampp/htdocs/Usagi/skin/default/img
chown -R nobody /opt/lampp/htdocs/Usagi/var
chown -R nobody /opt/lampp/htdocs/Usagi/img

ここまでおこなったら、今度はデータベースの設定を行います

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FX超勝率:雪だるま式貯金42 次世代型自動売買システム「ネクストFX」

FX:雪だるま式貯金42 次世代型自動売買システム「ネクストFX」もし、あなたが将来の資産運用の仕方について真剣にお考えでしたら・・・この、これからの相場に対応した自己回帰ロジックを搭載したシステム次...

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック