FC2ブログ

雇用統計とシステムの安定性

本日も毎月恒例のビッグイベント

米国の雇用統計があります

毎回そうなのですが、雇用統計のときには
すさまじいくらいにほとんどのFX業者でスプレッドが開きます

また、固定スワップの会社であっても値動きがすさまじいため
リアルプライスでの注文が弾かれることがあります

また、イベントドリブンともいわれる状態になり
指標がまだでていないのに極端な上下を繰り替えしたりします

トレードの練習も兼ねて、雇用統計のときの状況を見ておくとよいと思われます

雇用統計もそうなのですが、経済指標は
数値そのものの良し悪しより、市場の期待値との差が
重要な要素となります

このため、雇用統計の数値がよくないから売り
とかではなく
前回と比べてどの程度悪化、改善したのか、
そして、数ヶ月の流れとして上向いているのか
それとも下向いているのか、が重要になります

低スプレッドの会社を使っていても
いざというときにシステムダウンでは
意味がありません

今後も根本的な解決策がでてこない限り
いずれ金融危機は再発します

LTCM破綻の日には、ドル円レートでさえ10円ほど下げました

イザというときに、システムダウンではストップロスを
設定しても無意味です

低スプレッドではなく、システムの安定性などを考慮して
取引するところを選んだ方がよいと思います

スポンサーサイト



テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック