FC2ブログ

スペースを含む場合の注意点

繰り返し処理を行う for文
において

$@ という記号を使うことにより
すべての引数リストを指定して、複数のファイルを
取扱い可能になりました

しかし、まだ問題点は残されています

このまま、処理を行うと
ある欠点に遭遇します

それは、空白を含むファイルなどをつかうと
エラーになることです

空白を含むファイル名を処理しようとすると
別の引数として認識され、結果としてエラーとなります

このため
for 変数名 in リスト
do
処理
done

としている文章を

for 変数名 in "リスト"
do
処理
done


というように " "で囲みます

つまり、
for file in "$@"
do
処理
done


のようにすることで、空白を含むファイルも
無事に処理することができるようになります

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック