FC2ブログ

繰り返し処理を行う for文

複数の引数を処理するような
シェルスクリプトを書く場合、for 文を使用すると便利です

引数をある程度用意しておくのも対策のひとつに
なりますが、使いまわしするには不便です

理由としては、あとでまた引数を追加するのが
面倒なので、という理由ですが

for文の構文は

for 変数名 in リスト
do
処理
done


となります

このときに、リスト の部分には
$1 $2 $3
などというように、すべて記述する必要はありません

シェルスクリプトでは
$# が引数の数を表す記号
であったように
$@
という記号を使って洛に記述できます

$@すべての引数のリスト
という意味になります

このため

for file in $@
dp
ファイルの処理
done

とすれば、引数として指定するファイルの数を気にせずに
複数のファイルを処理することが可能になります

ちなみに、こういった処理の仕方を指定しないと
複数のファイルの処理はできないようです

実際、実験してみましたが
複数のファイルを指定したところ。最初のファイルしか実行できませんでした

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック