FC2ブログ

backtrack4 (VMware Player3)

引き続き、backtrack の実験です

今回は、VMwarePlayer 3 にインストールしてみました

作業環境は
fedora13 64bit です

アプリケーション > システムツール >
VMware Player で起動し

Create new Virtual machine を選択し
今回、付録についていた backtrack4 の isoを選択します

通常の Live DVD と同じように起動しますので
start-network でネット接続し、
次に
startx
を実行して GUI画面にいきます

デスクトップに install.sh があるので
これをダブルクリックすれば、インストールウィザードが
開き、あとはそのままインストールです

インストール終了後、reboot しますが
Live DVD のときと同様に
start-network
startx

GUI となり、ユーザを root パスワードを toor で
ログインします

ちなみに、毎回起動するときにコマンド入力は面倒なので
update-rc.d
というコマンドを使い、自動で実行するようにします

update-rc.d networking default
update-rc.d wicd fedault

これで、毎回入力する手間が省けます

ただ、このbacktrack は、ubuntu fedora とは異なるので
なれないとかなり使いにくいので
Linux を始めたいと言う場合なら ubuntu をおすすめします

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック