FC2ブログ

SSH 接続のポート変更とアクセス

通常、Linux では、SSh接続に22番ポートを使用しています

しかし、セキュリティ上、このままの状態はおすすめできません

なぜなら、ウェルノウンポートのままの場合、簡単に
アクセスされやすくなります

また、root 権限を奪取すべく、rootログインを試みるということも多々あります

対策としては
root ログイン禁止

公開鍵認証にして、パスワードによるアクセスの禁止

SSHポートの変更

というものがあります

今回は、SSHアクセスに使うポートの変更
ということで設定します

参考にしたサイトは
SSH の待ち受けポート番号を変更するです

vi /etc/ssh/sshd_config
で設定ファイルを開き
#Port 22
となっている下のところに変更するポート番号を書き込みます

例えば、2222 ポートなら
Port 2222
とします

その後
service sshd restart
でSSHを再起動することで反映されます

ただし、この設定を行うと、以降は SSH 接続する時に
ポートの指定が必要になります

端末からアクセスするには
ssh -p ポート番号 ユーザ名@IPアドレス

となります
例を書くと
ssh -p 2222 testuser@192.168.1.100

というようになります

同様に、scp コマンドもポートの指定が必要になります

scp -P ポート番号 ファイル名 ユーザ名@IPアドレス:転送先ディレクトリ

となります

例を書くと
scp -P 2222 testfile testuser@192.168.1.100:/home/testuser/

というかんじです

オプションをつけるときには、Pが大文字であることに注意してください

参考サイトはSCP (1)
です
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック