FC2ブログ

シェルスクリプトで差分バックアップ

今回は、日経Linux の載っていた記事を参考に、
差分バックアップを実践しています

rsync コマンドを使うことで、差分バックアップをとれます

そこで、
mkdir /mnt/backup
mkdir /home/wiki/MyDoc
で先にバックアップディレクトリを作成し

ここにバックアップをとるように
rsync -a ~/MyDocs /mnt/backup

とすれば、差分バックアップをとれます

そして、これを

cronコマンドで定期的に実行することで
自動差分バックアップのできあがりです

まずは、
vi Backup
でバックアップスクリプトを作成します

内容は
#!/bin/bash
rsync -a ~/MyDocs /mnt/backup

となります

そして、
chmod a+x backup
で実行権限を付与し

crontab -e
で自動設定を行います

そして、
crontab -e の実行したファイルの中で
0 */1 * * * /home/wiki/backup

とすることで、自動バックアップの出来上がりです

今回は、ローカル内のファイルをバックアップ先に指定しましたが
これを、
rsync -a ~/home/wikiBackup /mnt/Backup-server
というように
ファイルサーバーにしたり、外付けのHDDにすることにより
HDD障害に備えることもできます


今回の crontab -e の設定の中身ですが

分 時 日 月 曜日 実行するコマンド
という順番にならんでいます

* はすべての時間を意味します

crontab で設定をすることにより、自動処理が可能になりますので
シェルスクリプトを勉強することで、
より効率的な管理が可能になります
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック