FC2ブログ

fedora13 tomcat で HelloWorld

TomcatでHelloWorldをつくってみよう
を参考に、fedora13 で tomcat で HelloWorld を実行してみました

すでに、
fedora13 へ tomcat6 インストール
で必要なパッケージは揃っていますので、あとはファイルの設定になります


cd /usr/share/tomcat6/webapps/
でディレクトリに移動し

mkdir -p searchman/
mkdir -p searchman/WEB-INF
mkdir -p searchman/WEB-INF/classes
mkdir -p searchman/WEB-INF/lib

で必要なディレクトリを作成し。
cd classes
vi HelloWorld.java
でソースをコピペします

コンパイルするときには、Windows のときと同様に javac だけではコンパイルできません

Linux の場合、ソースからインストールしたのか
それとも yum などでインストールしたかによって
パスが変わってきます

調べて見たところ、ほとんどがソースからのコンパイルによる
インストールでしたが、私の場合は yum でのインストールになります

このため、
hello world(servlet)
を参考に、
export CLASSPATH="/usr/share/java/tomcat6/tomcat6-servlet-2.5-api-6.0.20.jar"
を実行してパスを通しました

これで、後は
cd ..
でディレクトリを1つ戻って
vi web.xol
でファイルを作成し、ソースをコピペします

service tomcat6 start
で tomcat6 を起動して
http://localhost:8080/searchman/servlet/hello
へアクセスすれば、無事に表示されます
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック