FC2ブログ

require()の例

便利そうな関数
require();
のメモです

まず、読み込まれるファイルを作成

<?php
$name="へべれけまる";
$message="詳細の報告をお願いします";

?>

これをdata.phpで保存
-----------------
次に、読み込み側ファイルを作成
require()でファイル名を指定する
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>PHPのテスト</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php>

require("data.php");
print "識別名 $name
";
print "$message
";

?>

</BODY>
</HTML>

すると、実行結果は、
識別名 へべれけまる
詳細の報告をお願いします

となります
つまり、変数に代入された状態になるわけですね

使い道は、メールマガジンや、大量のメール送信とかに使えるのでは?

たとえば、
-----------------
$name様
登録ありがとうございます

登録メールアドレス
$mailaddress

パスワード
$pass
-----------------
とすれば、あとはハウスリストできあがりですね

応用編としては、
include();
があります
include();

require();
の違いますは、エラーがでたときです

エラーがでたとき、include();はWarningを出して処理を実行します

でもrequire();は
Fatal Error
となり、処理が停止します
このため、require();を使うと、処理ファイルがないときに止まってくれます


あとは、
require_once();

include_once();

require_once();
は、機能は
require();
と同じだけど一度しか読み込まないのです

まさにonce

include_once();
も同様に、一度だけ読み込みとなります

今回の関数で思ったのは、世の中のDMやスパムも同様のシステムかなぁという感じです
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック