FC2ブログ

格付け会社の判断基準についての 疑問

最近、格付け各社の判断基準には、かなり疑問を持っています

サブプライム債権、
財政赤字によりPIIGSと呼ばれるスペインの格付けがAAAだったり、本当に何を基準にしているかが疑問です

基本的に私は格付け各社のランクは気にしないのですが、
最近は少し考えみることにしました

もし、格付け各社の判断と、現実の状態に乖離があるならば、そこには利益がでるはずですから

いまだに金融危機の根元は解決しないままです

この乖離率が利益を生み出す鍵になりそうです

これと同じく、財務諸表を読みこなし、経営状態を把握できるならば、ジャンク債権や、株式市場でも利益がでるのではないのでしょうか

企業分析、経済をするときに
資金の流れ、収益の仕組み、需要と供給のバランス、
そして、その状態が
需要 > 供給
なのか

需要 < 供給
なのかを把握できると、タイミングをつかめるのでは?
と思います

格付け各社の判断よりも、自分なりの視点でより分析するほうが重要のように思えます
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック