FC2ブログ

いつかみたような相場

つい最近、大幅な円高になりました

NYダウは一時1000$を超える下げ幅とのこと

まぁ1000$下げた要因は、発注ミスらしいですが

そういえば、過去にジェイコムの株の誤発注というものがありました

今回の下げたときの要因はいろいろとあるようですが
やはり、ギリシャの問題は解決されそうもないような気がします

以前、ロシアでデフォルトしたときにも、一時はIMFやいろいろな国から
支援がありましたが、結局はデフォルトでした

同じ状況になってしまうとは限りませんが、原因と対策が
できていない限り、結局は同じことの繰り返しでは?
そう思っています

ユーロに加盟している国には、まだポルトガルやスペインといった
国がどうなるか?
こういった懸念材料があるため、一時的反発があっても、
再度きつい下げがくることを考えたほうがよいと思います

かつて、2007年にポンドは250円まで上がっていましたが
リーマンショックの後、230円程度まで下げました

その後、ドル円が下げているときに、対ドルレートでの
上昇が続き、そこまでひどい結果にはならなかったのですが

今度は対ドルレートで下げてきたため、クロス円は全般として
暴落しました

クロス円は、所詮派生レートで
対ドルレート x ドル円 
の計算式ででています

このため、ドル円の値動きを強く受けますし、
対ドルレートの大きい通貨は、その分影響を受けます

過去の状態では、NZドル、豪ドルは対ドルはそこまで大きくなく
比較的安定した値動きでしたが、ここ数年間の対ドルでの
上昇により、かなり大きく動くことになりました

以前、私の知人で
1$=100円が適正という人がいましたが
それは本人の思い込みです

そして、為替レートが大幅に円高になっても
世界が崩壊するわけでもありません

もっとも大きな変化はおきるでしょうけど

かつて、ルーブルはデフォルト後、通過は1/4になりました
ポンドは、ソロス氏率いるファンドにより
100円以上下げました

適正な通貨レートというものは、
あるようでないものです

レバレッジを下げて3倍にしても、ロスカットはされます

これから、いろいろな金融危機の材料はでてくると思いますし
いずれ中国のバブルも崩壊すると思います

金融危機は、必ず前兆があるようです
サブプライムが本格化する前、その好景気が何により
もたらされているかを探るようにすれば、危機回避ができるかもしれません

スポンサーサイト



テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック