FC2ブログ

VMware Player 3.0 インストール

fedora 11 へ ダウンロードした VMware Player 3.0
をインストールしてみました

参考にしたサイトは
かえでのWebログ
です

こちらの参考にしたサイトでは、環境は ubuntu ですが
fedora11 でも、それほど変わらないです

まぁ私の場合、32bit OS バージョンですけど

まず、ダウンロードしたファイル
VMware-Player-3.0.0-203739.i386.bundle
に実行権限を与えます

chmod 755 ./VMware-Player-3.0.0-203739.i386.bundle

これを行うと、デフォルト環境なら、端末内で表示されるファイルの色が
黒から緑色になるので、わかりやすいと思います

次に、管理権限となります
su

最後に、
./VMware-Player-3.0.0-203739.i386.bundle
を実行すれば、あとはGUI環境でインストールできます

ただし、すべて英語でかかれています
まずは日本語にしないと使いにくいかも
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック