FC2ブログ

ファイル改竄検知システム導入(Tripwire)

ファイル改竄検知システム導入(Tripwire)
を参考にインストールしていたのですが、

# tripwire -m i -s -c /etc/tripwire/tw.cfg

を実行したら

Please enter your local passphrase:
### Warning: File system error.
### Filename: /var/lib/rpm/__db.001
### No such file or directory
### Continuing...
### Warning: File system error.
### Filename: /var/lib/rpm/__db.002
### No such file or directory
### Continuing...
### Warning: File system error.
### Filename: /var/lib/rpm/__db.003
### No such file or directory
### Continuing...

というエラーが発生しました

原因を検索して調べてみたら、見事ヒット

原因救命の鍵は
№1418 Tripwireデータベース作成について
が参考になりました

# vi /etc/tripwire/twpolmake.pl

の内容をそのまま使ったのが失敗だったようです

31行めにある
$myhost = `hostname` ; chomp($myhost) ;

これを自分のサーバーのホスト名にするべきだったようです

ちなみに、アンインストールする方法は
№645 管理人様
にかかれていたように
インストール後の
/usr/local/tripwire/と/etc/tripwire
の双方のディレクトリを

rm -rf /usr/local/tripwire/
rm -rf /etc/tripwire/

で削除し、その後再度このページの手順通り
にインストールしてみました
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック