FC2ブログ

介入の可能性について

ついに、ドル円が86円台まで上昇しました

ここまでくると、介入はどうなるか?ということが囁かれそうです

しかし、すでに各国ともに、わざわざ経済状態が悪いのに
そこから介入するとは思えません

仮に、日銀が介入をしても、円高の流れは変わりません
単独介入は、かつて日銀が行ったことがありましたが
残念ながら効果はほとんどなしです

介入を意味をもつのは、協調介入のときです
有名なのは、プラザ合意ですね

現状の世界情勢では、日本の円安になるように協調介入となるのは
考えにくいと思います

ちなみに、以前のドル円の高値は79円でした

ユーロ円、ポンド円などは下落してはいますが、
以前のような対ドルレートでの暴落はおきていません

クロス円は、ドル円x対ドルレートなので、対ドルの数値が大きいほど
ドル円の振れ幅に影響を受けます

そういった意味では
ポンド円がもっとも影響を受けやすのでしょう
ポンドは、対ドル、クロス円レートともによく動きます

このため、ポンドは予想しにくい通貨とも言えます
逆に、南アフリカランドなどは、対ドルの数値が小さいので
それほど大きな変動はありません

ただ、IMMのポジションで円ロングが拡大しているとの報告がでています
短期では、大きな戻りによって89円程度まで戻る可能性もあります

大きな痛手をくらわないように、ストップは確実につけましょう

本日は米穀市場がおやすみです
そのため、極端な値動きになるかもしれません

スポンサーサイト



テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック