FC2ブログ

vagrant でローカル開発環境構築

vagrant でローカル開発環境構築

ローカル開発環境の構築
http://dotinstall.com/lessons/basic_local_development_v2


今回 vagrant でローカル開発環境構築がでていたので実践

今回は
Python
Ruby / Ruby on Rails の
環境も追加されている

使用する仮想環境は VirtualBox を使用

まず
cd /media/bdec1869-7820-4557-a76e-a8b130293019/
でHDDへ移動
これは私の環境の場合
SSD+HDDのため

vagrant box add centos64box http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20130427.box
で追加するけど、すでに以前追加しているので

今回は
mkdir localdev
cd localdev/
でディレクトリを作って、そこに移動

過去に仮想マシンを追加したなら
ls ~/.vagrant.d/boxes/
で追加した仮想マシンを確認できる

vagrant init centos64

Vagrantfile
を作成

ネットワーク設定をするため
vim Vagrantfile
でファイルを開き
/config
で探して
26行めあたりの
# config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
を探し
config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.56"
へ変更

保存したら
vagrant up
で仮想マシンの作成

仮想マシンの作成ができたら
vagrant ssh
で接続して
pwd という現在のディレクトリを示すコマンドで
/home/vagrant
となっているなら成功
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック