FC2ブログ

ruby の case 文について

ruby の case 文について

ruby の case 文は

case 条件
when ケース1:
 ケース1のときの処理
when ケース2:
 ケース2のときの処理
else
 それ以外のときの処理
end

という構文になる

PHPの switch 文に近い処理になる
switch の場合だと
switch(条件){
case ケース1:
 ケース1の処理;
 break;
case ケース2:
 ケース2の処理
 break;
default:
 それ以外のときの処理
 break;
}
というかんじになる

つまり
switch が case
case が when
default が else end

と置き換えるとわかりやすい

when には、複数条件の指定が可能

今回、ドットインストールのをみ てやってみた

gnal ="yellow"

case signal
when "red":
puts "stop"
when "green","blue"
puts "go"
when "yellow":
puts "caution"
else
puts "signal is broken"
end
とすることで
when "green":
に該当するため
実行すると
caution が表示される
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック