FC2ブログ

ruby の printf メソッドについて

ruby の printf メソッドについて

ruby の printf は
p / put の高機能版になる

これは、フォーマット指定して表示できる

これは、C言語の printf() と同じ機能

java とかで 変数に代入した値と + で合わせて表示するときと同じことができる

x ="hebereke"
y=22

printf("%s's year is %d\n",x,y);
とすることで
hebereke's year is 22
と表示される

%s は文字列
%d は整数

桁数の指定も可能で
%10d とすれば、10桁表示になる
22のように10桁ない場合には
空欄で 22 というように左側に空欄ができる
左寄せにしたいのなら
%-10d というように - をつける

空白ではなく、0で埋めたいのなら
%-010d とすれば
hebereke's year is 0000000022
というように
0で空白が埋められる

もっと便利な関数が
sprintf()
これ、よくPHPで見かけるメソッドで
この sprintf() は
表示ではなく、値を返す

これを使うと、sprintf() の値を変数に格納できるので
コードを書くときに便利になる

z = sprintf("%s's year is %-010d\n",x,y)
p z
とすると
"hebereke's year is 0000000022\n"
と表示される
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック