FC2ブログ

ruby のハッシュオブジェクトについて

ruby のハッシュオブジェクトについて

ruby のハッシュオブジェクトは
他の言語だと、連想配列と呼ばれているものになる

ハッシュの場合、それぞれの値に対してキーをつける

通常の配列の場合だと
sales =[100,150,300]

0が100というようになるが、これが個人のスコアとかで
紐付けする場合、とても面倒

なので、ハッシュで値とキーの関係をつくる

値とキーは => で結ぶ
個人別にスコアをひもづけるには
sales ={"taro"=>100,"jiro"=>150,"sabu"=>300}
というようにする
p sales
で表示すると
{"taro"=>100, "jiro"=>150, "sabu"=>300}
となる

個別の値を取り出すには、キーを指定すればOK

p sales["taro"]
とすれば、
100
となる

配列のときのように、いれた順番の数値を覚えておくのではなく
キーを覚えておけばいいので、管理が楽になる

このハッシュは
PHP
java script などでも使うので、覚えておくと応用できる
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック