FC2ブログ

ruby の文字列オブジェクトについて

ruby の文字列オブジェクトについて

#09 文字列オブジェクトを理解する
http://dotinstall.com/lessons/basic_ruby/4709
を参考に
ruby の文字列オブジェクトについて学習

文字列オブジェクト作成のときに
"" でかこむのと '' でかこむのでは意味が異なる

"" は変数や特殊文字を展開する
'' は展開しない

これは、Linux の echo コマンドなどで行うとわかりやすい

ちなみに、特殊文字は
\n 改行
\t タブなどがある

たとえば hello world を出す時
puts "hello\nworld"
だと
hello
world
と改行されるけど

puts 'hello\nworld'
にすると
hello\nworld
とそのままでてくる

ubuntu の vim エディタの場合
"" と '' では途中で色が変わるので、見分けやすい

文字列の展開はちょっと変わっていて
#{変数}
とする

例えば
name ="hebereke"
puts " my name is #{name}"
というようにすると
my name is hebereke
と表示される

java script とかだと
"my name is "+ name
というようにわけて書くけど
rubyの場合、一緒に書く

ちなみに、ruby の場合、
日本語を取り扱う場合には設定が必要

これがないと
invalid multibyte char (US-ASCII)
というエラーがでてくる

HTML5が最初に
<!DOCTYPE html>
と書いたり
PHPで 、PHPのコードの部分のところに
<?php
と書いたり
シェルスクリプトで
#!/bin/bash
と書くように

ruby で日本語対応するには
# encoding: utf-8
と1行目に書いておく

これで、無事に日本語が表示されるようになる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック